Services

1Architecture

オフィス  [本社ビル/研究所]​

私たち日本人は、古くから木を敬いそして育て、生活に活用し、共に生きてきました。そして今、環境やエネルギーの問題を解決する手段として、木との共生を前提とした木造建築が再び注目されています。木を安全に活用する技術も進化し、制度面の整備も進む中、新たな木造建築​

  • ブランディング

    木材は、空気中の湿度が高いときには水分を吸収し、湿度が低いときには水分を放出するという調湿作用をもっています。このため、木材を建物の内装などにたくさん使うと、部屋の中の湿度の変動が小さくなります。木材は、無数の細胞からなり、そのひとつひとつに熱を伝えにくい空気を含んでいるため、

  • 自然

    木材は、空気中の湿度が高いときには水分を吸収し、湿度が低いときには水分を放出するという調湿作用をもっています。このため、木材を建物の内装などにたくさん使うと、部屋の中の湿度の変動が小さくなります。木材は、無数の細胞からなり、そのひとつひとつに熱を伝えにくい空気を含んでいるため、

  • エコロジー

    木材は、空気中の湿度が高いときには水分を吸収し、湿度が低いときには水分を放出するという調湿作用をもっています。このため、木材を建物の内装などにたくさん使うと、部屋の中の湿度の変動が小さくなります。木材は、無数の細胞からなり、そのひとつひとつに熱を伝えにくい空気を含んでいるため、

projects

  • 優れた調湿性・断熱性

    木材は、空気中の湿度が高いときには水分を吸収し、湿度が低いときには水分を放出するという調湿作用をもって

  • 優れた調湿性・断熱性

    木材は、空気中の湿度が高いときには水分を吸収し、湿度が低いときには水分を放出するという調湿作用をもって

  • 優れた調湿性・断熱性

    木材は、空気中の湿度が高いときには水分を吸収し、湿度が低いときには水分を放出するという調湿作用をもって