Projects

MAIN STAGE The Base

都市と建築をつなぐ「間」の空間

MAIN STAGE The Base

敷地は阪神間の市街地にあり、北側には遠く六甲山の山並みを望む。幹線道路の交差点から近く、視認性の高い場所に建つ、事務所と店舗のための建築の計画である。 計画の基本とするのは、「都市と建築の間に適度な距離感をもたらす『間』の空間をつくる」という主題である。各階のボリュームをずらすことで、軒のある縁側のような半屋外のスペースをつくり、都市と建築のバッファーゾーンとした。この緩衝空間は、視線をコントロールしながら、日射を遮り自然も柔らかく制御している。この閉じながらも開放感のある空間により、建築が都市とゆるやかにつながることを目指している。
(芦屋市/事務所・店舗/997㎡)